せんば自由軒の混ぜカレー
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

せんば自由軒の混ぜカレー

518 JPY

About shipping cost

明治43年以来の伝統の製法で作られ、ご飯とカレールウを混ぜ合わせて作る製法は100年の歴史をもちます。 カレーを山型に盛りつけ、真ん中に生卵を落とし、ウスターソースを少々かけて混ぜ合わせる食べ方は、大阪庶民なら周知の事実。大阪の鬼才作家 織田作之助の小説「夫婦善哉(めおとぜんざい)」(昭和15年)で紹介された逸品です。食べるとカレーのコクがあり、甘さの後から辛さが追いかけてきます。一度食べるとまた食べたくなるおいしさ!“あっ”という間の『100年カレー』です! 内容量:180g